コインチェックの巨額仮想通貨流出事件を契機としているわけではありませんが、2018年には世界を上げて仮想通貨の規制についての議論が進むことでしょう。

仮想通貨についてはそれぞれの国によって政府の規制などが統一的ではなく、実際には仮想通貨が野放し状態で有るような国やかなり厳しい規制をかけている国との乖離が激しいと言える状態です。
しかし、仮想通貨はグローバルな展開を見せることは間違いないので、仮想通貨をそれぞれの国のコンセンサスに合うような世界的なルールを作るのはそれほど簡単ではないでしょう。具体的には自国通貨に信頼性が少ないような国では仮想通貨について規制は緩やかになる傾向はあるでしょうし、自国通貨に信頼性が高い国では仮想通貨の規制が厳しくなる傾向はあるかもしれません。
ただし、仮想通貨のバックボーンにあるブロックチェーン技術は優れた技術であることは疑いのない事実であり、仮想通貨が下火になっていったとしてもブロックチェーン技術はどんどん発達することだけは間違いないでしょう。どう考えてみて、ブロックチェーン技術とその周辺の技術は人類にとって有益になる可能性が高いことはある程度勉強した人にとっては明らかなことだからです。
仮想通貨の買い方はとても簡単ですが、購入には慎重になった方がよいかもしれません。

仮想通貨(ビットコイン)について簡単に解説

【ビットコインとは】
ビットコインとは仮想通貨と呼ばれています。P2P(ピア・トゥピア)とはサーバーを介さず、直接通信のやり取りを行う仕組みです。
仮想通貨とは仮想は、その名の通り物体化してなく・・・通貨はお金になります。要するに現実には存在しませんがお金です。現実として商品やサービスなどと取引が可能となるシステムとなります。
【ビットコインは何に使うのか】
ドルや円など日によって相場金額が変動すると思います。ビットコインも同様にドルや円などと同じ通貨のようなもので、レートが変動します。取引で売買することができます。それによってビットコインの価格が上昇することがあります。
【ビットコインの利用方法】
取引所やATMなどで購入できます。取引所の場合、相場を見ながら購入することになります。また、ATMは「ビットコインATM」という専用機械があり、機械にQRコードを読み取る装置が設置されています。それにかざすことでビットコインを購入することができます。
【日本ではいつ頃から利用されているか】
ビットコインが利用されるようになったのは、2010年頃だそうです。2016年~2017年のときに、ビックカメラやDMM.comといった大手企業が導入したようです。
【ビットコインのメリット】
個人同士で直接送金のやり取りができます。また、仲介役がいませんので、手数料を払わない、もしくは安く済みます。
【ビットコインのデメリット】
決済や送金の際、価格変動が起きる場合があります。